山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

歯とお口のトラブル対策に お悩みに関連する研究成果を知る

歯とお口のトラブルとは

成人が歯を失う原因として最も多いのは「歯周病」です。そして、その原因を作るのは「歯石」です。
「歯石」は歯についた歯垢が、唾液の中のカルシウムで石灰化したものです。歯石は細菌の温床で、歯ぐきを傷つけ、歯肉炎や歯槽膿漏などの歯周病をひき起こします。進行すると、歯を支えている歯槽骨という骨を溶かしてしまい、大切な歯が抜けてしまいます。
さらに、歯周病がこわいのは、全身の病気の原因になることです。歯石から出る毒素が歯ぐきから血管に入り込み、糖尿病、感染性心内膜炎、心臓血管疾患、骨粗鬆症、肺炎、低体重児早産などが起こりやすくなることがわかっています。
歯とお口のトラブルは、全身の健康にかかわる問題なのです。

歯とお口の健康は予防が第一

歯周病の治療の基本は、根気よくていねいなブラッシングを続け、歯垢を取りのぞくこと。進行した場合、歯周外科治療が行われることもありますが、治療は決して簡単ではありません。歯周骨の移植手術など、骨自体を回復させる先端医療も試みられていますが、まだ、一般的な治療法ではありません。大切な歯とお口の健康を守るには、何よりも日々のケアによる予防が大切なのです。

歯とお口のトラブル対策についての当研究所の研究成果

●はちみつが歯石予防に効果

はちみつには、代表的な抗歯石剤と同程度の歯石予防効果があり、なかでも暗黒色や褐色など色の濃いはちみつには、特に歯石をできにくくする効果があることがわかりました。

※HAP:歯石を構成するリン酸化ナトリウム
※エチドロン酸:歯磨材に含まれる抗歯石剤

J Periodontal Res. 2008 Aug;43(4):450-8. )

●口内炎を軽減するローヤルゼリー

抗がん剤を投与したモデルの頬の内側に、RJを含む軟膏を塗布すると、がん化学療法中に表れる難治性の口内炎を軽減させることがわかりました。

Methods Find Exp Clin Phamacol 2008,30(2):103-10. )