山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

トップ > 女性特有の悩みと戦うために

女性特有の悩みと戦うために お悩みに関連する研究成果を知る

女性特有の体調不良に関係する「女性ホルモン」

女性には、イライラ感、疲れやすい、肌荒れしやすい、手足の冷え…など、特有のさまざまな不調があります。
女性の健康に関係が深いのが、女性ホルモンです。女性ホルモンは月経や妊娠・出産をはじめ、骨密度の低下や皮膚の老化など、女性の健康や美容を考えるうえで、その果たす役割は大きいものです。しかし、女性ホルモンの分泌や働きは、ストレスや過度の疲労、極端なダイエットなどにより低下してしまいます。若いのに月経のリズムが順調でないという方は、ホルモン不足による健康の黄信号かもしれません。
一方、年齢とともに、女性ホルモンは大きく変化します。もっとも顕著に変わるのが45~55歳ごろに迎える更年期です。更年期を境に女性ホルモンは急激に減少するため、上に挙げた不調のほかにも肩こりや腰痛、疲れやすさ、発汗やほてり、動悸、気分の落ち込みなどの症状があらわれることがあります。
女性ホルモンには、骨や関節、血管を健康に保ち、適切なコレステロール値を維持して内臓脂肪型肥満を防ぐ役目もあるので、更年期をすぎた女性に、骨粗しょう症や肥満、生活習慣病が増えることにも、女性ホルモンの減少が関係しています。

女性ホルモンの働きを整えるために

不調が続く場合、婦人科などで女性ホルモンの適正な分泌をうながす薬物治療が行われます。更年期の女性に対しては、減少した女性ホルモンを補充する療法もあります。
しかし、女性ホルモンの分泌や働きの低下は、生活習慣に関係する場合が少なくないとも言われます。東洋医学では、冷たい飲みものやエアコンなどで体を冷やしすぎることも、女性が健康を損なう原因と考えられています。健康的なホルモン分泌や働きのバランスを保ち、さまざまな不調を軽減するために、生活スタイルや食事の内容を見直していくことも大切です。

女性特有の悩みの改善についての当研究所の研究成果

骨密度の減少を抑えるローヤルゼリー

更年期モデルに酵素分解ローヤルゼリーを与えると、骨密度の減少が抑えられ、骨中のカルシウム量が増加しました。

●更年期女性の肩こりを軽減するローヤルゼリー

プラセボ対照二重盲検試験により、4週間のローヤルゼリー飲用で、肩こりに悩む更年期周辺世代の女性の背筋のはりの自覚症状スコアが大きく改善されることが確認されました。

※飲用量:ローヤルゼリー 3,600 mg/日(生換算量)

(山田養蜂場/岐阜大学 2006年2月共同研究、論文発表)

●冷え症を軽減するローヤルゼリー

冷え症の若い女性が2週間ローヤルゼリーを摂取すると、冷たい水にさらした後の手の皮膚の表面温度の回復が早くなり(図は典型例)、摂取前に比べ「手足や腰が温かい」という自覚が得られました。

(山田養蜂場(株)2008年度みつばち研究助成基金採択研究/愛媛大学大学院 2011年2月 論文発表)

研究データはこちら

今月の対談録
今月の健康情報