山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

トップ > セサミン > セサミンとは、ゴマに含まれ老化と戦う成分

セサミン ゴマに含まれる「若さ」のカギ

みっちは、授業参観にママが来るのが楽しみ。なぜなら、「みっちのママ、若いね」って、友だちから言われるから。そんなママがいつも食べている「ゴマ」には、若さを保つ成分「セサミン」が…。

セサミンとは、
ゴマに含まれ老化と戦う成分

みっちとハチロー博士 プロフィール
ハチロー博士: みっちのママ、若いんだねぇ。ゴマを食べているって、若さの秘訣はそれかもしれないな。
みっち: ゴマを食べると、若く見られるの?
ハチロー博士: うん。ゴマは、体の酸化を防ぐ働きのある成分「セサミン」を含んでいるんだ。
みっち: 酸化って?
ハチロー博士: 簡単にいうと、“サビる”ということだね。皮をむいたリンゴが茶色くなるのとも同じだ。息を吸ったら、体の中に酸素が入るよね。その酸素の一部が活性酸素になり、脂質と結びついて細胞を傷つけ、肌や血管、心臓などを酸化し、老化を速めるんだ。
みっち: 老化の犯人は、そのサビとか、活性酸素っていうこと?
ハチロー博士: そう、重要な犯人のひとつだね。活性酸素は、細菌などを攻撃して取り除く働きもあるから、人の体には必要なのだけど、増えすぎると細胞にダメージを与えてしまう。激しい運動、ストレス、喫煙、紫外線、暴飲暴食、食品添加物、大気汚染、電磁波、放射線などで増えてしまうことがわかっているんだ。
みっち: ふ~ん・・・。何かいい方法はないのかしら。
ハチロー博士: もともと人間には、活性酸素を取り除く力、つまり抗酸化パワーが備わっている。しかし、その抗酸化パワーは40歳を過ぎた頃から急速にダウンしていく。だから、ゴマなどの食品で、衰えた抗酸化パワーを補い、活性酸素と戦わないといけないというわけだ。
活性酸素のさまざまな悪影響抗酸化力は年齢とともにていかします
今月の対談録
今月の健康情報