山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

蜂の子 郷土料理に息づく医食同源、貴重なタンパク源

栄養価が高く、健康づくりや、健康悩みの解決のために伝統的に食されてきた「蜂の子」。みっちのパパの話に、ハチロー博士が笑顔で説明を加えます。

蜂の子の健康機能

みっち: 蜂の子って、小さくてもすごいのね!
ハチロー博士: 最近では、「蜂の子は耳鳴りや、難聴によい」という情報もよく見かけるようになったが、それについても科学的な検証が行われているんだ。

最新研究より―蜂の子の健康機能

蜂の子は古くから食されてきましたが、その機能については、ほとんど文献がありませんでした。当研究所では、蜂の子の可能性を科学的に追究しています。そのパワーについて、少しずつ解明が進んでいるところですが、下記について、その機能が確認されています。

  • 蜂の子の「聴力・耳鳴り改善」に関する研究データ

この貴重な「ミツバチからの贈りもの」には、まだまだ多くのパワーが秘められていると考えられており、本研究所でも引き続き、研究を進めています。

みっち: でも、蜂の子って、いくら健康によくてもやっぱりちょっと食べにくそう…。普通のスーパーでも買えなさそうだし…。
ハチロー博士: 今は、蜂の子をサプリメントとして摂ることができるんだ。蜂の子のタンパク質を酵素分解技術によってペプチドやアミノ酸などに分解して、吸収されやすい形にした製品も登場しているよ。
みっち: わーい、じゃ、それをパパにすすめてあげようっと。
ハチロー博士: みっちは、パパ思いなんだね。
みっち: うん。「ママやわたしのためにがんばってくれないと、オスは食べられちゃうんだよ」って教えてあげなくちゃ。
ハチロー博士: パパ…重い…
明らかになる健康機能~最新研究ダイジェスト 蜂の子