山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

DHA+EPA 青魚パワーから生まれたサラサラ成分

みっちは、お寿司が大好き。でも、お皿の上に置いていた最後の1個を、うっかり落としてしまいました…。その「事件」から、ハチロー博士が、お刺身や青魚の健康成分のお話を始めます。

脳を活発にするDHA、
血栓を防ぐEPA

みっち: ところで、DHAやEPAが血をサラサラにするのはわかったけど、DHAとEPAは別のものなんでしょ? どこが違うの?
ハチロー博士: 簡単に言うと、DHAは脳の働きを活発にし、EPAは血管の中に血のかたまりができるのを防ぐといわれている。

DHAとEPAのすぐれた働き

脳には必要な成分しか通ることができない門があり、DHAはその門を通ることができる数少ない成分のひとつ。DHAは、脳を活性化して集中力や判断力、処理能力を高める働きがあると考えられています。特に、成長期にDHAを摂ると、脳の発育にいいといわれています。
一方、EPAには、血栓を防ぐほか、抗炎症作用(リウマチや腸炎の予防)、免疫調節作用、脂質代謝改善作用などもあると報告されています。

消費者庁の「食品の機能性評価モデル事業」の調査結果では、DHAやEPAの心血管病のリスク低減機能や血中中性脂肪を減らす働きに加え、関節リウマチ症状の緩和機能も確認されました。

みっち: DHAとEPAのこと、よくわかったわ! EPAはパパやママの血をさらさらにするし、DHAはみっちの頭がよくなるかも! うん、ママにそう教えてあげようっと。
ハチロー博士: そうだね、お魚の脂肪は、家族みんなの健康に役立つからね。
みっち: だから、これから毎日、お刺身とお寿司にしてもらうんだ!
ハチロー博士: うーん…みっちはすでに頭がいいなあ…。