山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

コラーゲン 潤いのあるキレイな肌をサポート

みっちは、ママが最近「美容にも健康にもいい」と言っている、「コラーゲン」という言葉が気になっています。コラーゲンのことを、ハチロー博士に教えてもらうことにしました。

コラーゲンの摂り方

みっち: さっき話した「豚骨ラーメン」のほかには、どんな食べ物にコラーゲンが入っているのかなあ?
ハチロー博士: コラーゲンは、動物性や海洋性のものを始め、いろいろな食べ物に含まれているよ。

【コラーゲンを含む食品の例】

動物性食品 豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉
海洋性食品 スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、ウナギ、ナマコ、カレイ、エビ、クラゲ
その他の食品 ゼラチン、ゼリー、プリン、杏仁豆腐
みっち: わぁ、いっぱい食べなくちゃ!
ハチロー博士: でも、コラーゲンを含む食べ物はカロリーが高いものが多いので、気をつけないといけないかもしれないね。
みっち: えっ・・・じゃあ、どうすればいいの?
ハチロー博士: 毎日のバランスのよい食事にあわせて、適切な量を、サプリメントで補うという方法もあるよ。

コラーゲンペプチドで効率的に吸収

コラーゲンは、体内でペプチドやアミノ酸に分解されたり、コラーゲンに再合成されたりしていますが、年齢とともに合成する力が弱くなります。また、コラーゲンは、アミノ酸やペプチドからなる、巨大な高分子タンパク質なので、体に吸収しやすくするには、分子を小さくしたコラーゲンペプチドで摂るほうが効率的です。コラーゲンペプチドなら、多くの量を速く吸収できます。コラーゲンペプチドは冷やしても固まらないため、パウダー化されたものは、ドリンクに入れたりして摂ることができます。さらに、再合成を助けるビタミンCと一緒に摂ると、いっそう吸収されやすくなります。

みっち: コラーゲンのこと、よくわかったわ。ママに教えてあげようっと。