山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

トップ > コラーゲン > コラーゲンが保つ肌のハリと弾力

コラーゲン 潤いのあるキレイな肌をサポート

みっちは、ママが最近「美容にも健康にもいい」と言っている、「コラーゲン」という言葉が気になっています。コラーゲンのことを、ハチロー博士に教えてもらうことにしました。

コラーゲンが保つ
肌のハリと弾力

みっちとハチロー博士 プロフィール
みっち: ねえ、博士、この前ママといっしょに豚骨ラーメンを食べたの。そしたらママ、「コラーゲンだ!」って、すごくうれしそうだったんだけど、コラーゲンって、なに? ラーメンに入っているものなの?
ハチロー博士: ああ、コラーゲンか。それは「豚骨スープ」に入っているんだよ。ママは、お肌のことを考えているのかもしれないね。
みっち: コラーゲンとお肌は、関係があるの?
ハチロー博士: きれいな肌を保つには、コラーゲンが必要なんだ。

コラーゲンは、ハリ・つや肌の味方

肌は表皮と真皮からなり、表皮が外部の刺激から真皮を守っています。そして、肌のハリと弾力は、真皮の層にあるコラーゲンによって保たれているのです。しかし、UV(紫外線)ケアが不十分だと、紫外線がコラーゲンを壊してしまうため、肌のうるおいが減り、シミやたるみができてしまいます。

体内でつくられるコラーゲンの量は10代後半から30代前半がピーク。年を重ねるにつれて少なくなるので、いつまでもうるおいに満ちたハリ・弾力のある肌を保つためには、コラーゲンを日々補給しつづけることが大切です。

みっち: コラーゲンは、ママのキレイのもとなんだね。
肌の構造加齢とともに減少するコラーゲン
今月の対談録
今月の健康情報