山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

コラーゲン 潤いのあるキレイな肌をサポート

みっちは、ママが最近「美容にも健康にもいい」と言っている、「コラーゲン」という言葉が気になっています。コラーゲンのことを、ハチロー博士に教えてもらうことにしました。

じょうぶでしなやかな骨を
つくるのもコラーゲン

ハチロー博士: コラーゲンが働く場所は、肌だけではない。じつは、丈夫でしなやかな骨や軟骨をつくる働きもあるんだ。また、老眼、心筋梗塞、脳梗塞を防ぐのに効果があるとも言われている。体じゅうで大活躍しているんだよ。

コラーゲンが支える血液の工場=骨

骨は、体を支えるとともに、血液をつくり出す役割を担っています。そんな重要な骨の働きを支えているのが、コラーゲンなのです。網の目状のコラーゲンの繊維が、カルシウムなどのミネラルを結びつけ、丈夫でしなやかな骨をつくっています。そもそも、体をつくるタンパク質の3分の1はコラーゲンで、

関節の動きをよくする軟骨にも約16%のコラーゲンが含まれ、これが減ると変形関節症になることもあります。また、しっかりした髪や爪を保つにもコラーゲンは欠かせません。

みっち: コラーゲンって、すごい!