山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

蜂毒 ヒトの健康のために、ミツバチからのいのちの贈り物

“毒”というだけで、よくない印象を与えてしまう「蜂毒」。刺されて痛い、ハチは怖いというイメージはここから来ているのかもしれません。みっちの心配に、ハチロー博士は、蜂毒の健康への意外なちからについて教えます。

蜂毒とは

みっちとハチロー博士 プロフィール
みっち: ねえ、博士。わたしは博士から、ミツバチたちの素敵なところをたくさん教えてもらっているけど、わたしのお友だちには、「蜂はこわい」っていう子もいるの。「針で刺されるからこわい」って。
ハチロー博士: たしかに、ミツバチには針があり、攻撃するときはその根元の毒嚢(どくのう)という小さなタンクにためられた「蜂毒」と呼ばれる毒液を体内に送りこむ。だが、ミツバチはめったに刺さないし、その武器を使うとしても、一生に一度だけなんだ。
みっち: あー、一度敵を刺したら、そのミツバチは死んでしまうって聞いたことがあるわ。
ハチロー博士: そうだ。ミツバチの針は相手の体から抜けにくいような形になっていて、一旦刺すと蜂の腹部の腸ごと取れてしまう。針を失ったミツバチは、生きていられないんだよ。
みっち: ミツバチたちにとっては命がけなのね。でも、刺されたら腫れて痛そう…。
ハチロー博士: 蜂毒のなかには、痛みやかゆみを起こす成分がふくまれているからね。

【蜂毒のおもな成分】

アミン類 ノルアドレナリン、ドーパミン、ヒスタミン、セロトニン、アセチルコリン
ペプチド類 アパミン、MCD-ペプチド、アドラピン、メリチン
酵素類 フォスフォリパーゼA2、ヒアルロニダーゼ
糖類 グルコース、フルクトース
ポリアミン類 プトレッシン、スペルミジン、スペルミン
その他 リン脂質、アミノ酸

【蜂毒の局所作用と原因物質】

作用 原因物質名
痛み・かゆみ アミン(ヒスタミン、セロトニン、ノルアドレナリン)、アセチルコリン
血管拡張 アミン(ヒスタミン、セロトニン)
ヒスタミン遊離作用 ペプチド(MCD-ペプチド)
白血球遊離作用 ペプチド(メリチン)
溶血作用 酵素(フォスフォリパーゼA2)
局所破壊 酵素(フォスフォリパーゼA2、ヒアルロニダーゼ)
神経毒 ペプチド(アパミン)

出典:藤田陽子・鍛冶誠一郎「蜂針療法」;ミツバチ科学20(1):17-26,1999