山田養蜂場運営の研究拠点「みつばち健康科学研究所」が発信する、情報サイトです。ミツバチの恵み、自然の恵みについて、予防医学と環境共生の視点から研究を進めています。

山田英生対談録
予防医学 ~病気にならないために~

尚 弘子氏×山田 英生対談

豊かな食文化で知られる沖縄県は、日本を代表する長寿の島。
90歳を過ぎても生涯現役で人生を楽しむお年寄りも 多い。
島の長寿を支えるのは、温暖な気候や伝統的な長寿食、おおらかな県民性などといってもよいでしょう。
食の乱れなどに伴って全国的に生活習慣病が増える中、先人の知恵を生かした沖縄の食が改めて見直されています。
山田英生・山田養蜂場社長が第一線の研究者や医師らと語り合う対談「予防医学―病気にならないために」。
今回の対談相手は、戦後、沖縄の食をみつめてきた栄養学の草分け、尚弘子・琉球大学名誉教授です。
テーマは「沖縄の長寿に学ぶ」。

第一回「食べ物は、命の薬。長寿の原点は、ここに。」
第二回「長寿の継承に必要なのは、先人の知恵を食すこと。」
第三回「沖縄で受け継がれてきたのは、まるで薬膳のような食生活です。」
第四回「生活を助け合う「結い」の心が、健康も助け合っています。」
第五回「食を守ることは、文化を守ること。そして、命を守ることです。」
第六回「命の大切さを知る、沖縄の先人たちの知恵に学ぶ。」

尚 弘子(しょう・ひろこ)

1932年沖縄県生まれ。米国ミシガン州立大学大学院栄養学専攻(修士課程)修了。農学博士(九州大学)。琉球大学名誉教授。現在、沖縄化学技術大学院大学運営委員、沖縄県文化振興会理事長。